免疫力を高めるサプリメントランキング最新版

免疫力を高め,サプリメントランキング

免疫力ってよく聞くけど一体何?って思ってる方も多いはず。免疫力とは身体を守る力のこと。免疫力が低下すると風邪やアレルギーなどの病気にかかりやすくなったり、元気が出ない、疲れが取れないといった生活に支障が出る症状が現れます。免疫力が低下する原因として

 

・不摂生な生活
・偏った食生活
・睡眠不足
・ストレス

 

などが挙げられ、少しでも改善されるよう日々の生活の中で意識するといいのですが正直なかなか難しいですよね。免疫力アップには善玉菌を増やすことが効果的と言われています。乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖などは悪玉菌を減らして善玉菌を増やしてくれる免疫力アップにはもってこいの成分です。それらを食事で摂れることが理想的ですが、手早く簡単に摂る方法としてサプリメントがあります。それらが含まれたサプリメントはたくさんありますがその中でも人気の高いサプリメントをこちらでご紹介。ぜひ参考にして、自分に合ったサプリメントを見つけてくださいね。

 

アレルライトハイパーの特徴

外からの刺激に負けない強さへとサポートしてくれる植物由来のリフレクト乳酸菌(T-21株)を配合したサプリです。日清食品グループが日本の植物から発見した独自乳酸菌。1日めやす2粒に5,000億個(ヨーグルト約50s分)のリフレクト乳酸菌が入っているので、しっかり実感できます。サポート成分として粘膜などの健康維持を助けるビオチンをプラス。身体の中から元気になりたい方、年中グズグズで困っている方にもおすすめです。

価格 980円
評価 評価5
備考 5,000億個(ヨーグルト約50s分)のリフレクト乳酸菌

 

乳酸菌革命の特徴

免疫力アップを手助けする乳酸菌がたっぷり配合されたサプリです。今話題の乳酸菌6種類にビフィズス菌・ラブレ菌・カゼリ菌の3大乳酸菌をプラス。熱や胃酸にも強い有胞子乳酸菌もしっかり配合、耐熱性のカプセルになっているので生きたまま腸に届くことができます。運動不足気味の方、風邪を引きやすい方などは一度お試しを。

価格 2,730円
評価 評価4
備考 3大乳酸菌プラス

 

花菜の選べる乳酸菌の特徴

異なった2種類の乳酸菌を交互に摂取するという新しい飲み方のサプリです。1つは1日でヨーグルト50個分の乳酸菌、もう一つは体の隅々にまで届くようナノサイズ化された乳酸菌。これによってより多くの乳酸菌を摂取することが可能になり、乳酸菌に慣れてしまう身体も交互に違う乳酸菌を摂ることで解消。更にビフィズス菌がより活発になるようにとオリゴ糖も配合されています。肌荒れが気になる方、自分に合う乳酸菌が見つからない方にぜひおススメします。

価格 1,980円
評価 評価3
備考 2種類の乳酸菌

 

免疫とは何か※正しい知識と理解

 

人間の体に備わっている免疫力ですが、そもそもこの「免疫力」とは何でしょうか。まず、一言でいえば「体を守る力」ということになります。人間の生活空間には様々な異物があり、それが体の中へ入ってくることがあります。食べ物を介して入ってくることもあれば、細菌やウイルスなどのように目に見えない物質に含まれていることもあります。

 

こうした数え切れない物質の他、体内でも異物が発生することがあります。たとえばガン細胞などはその代表的なもののひとつです。免疫は、こうした体の中に入り込んできた異物を攻撃し、体を守るための役割を果たしています。そして、この「自分を守る力」を「免疫力」と呼んでいます。

 

この免疫力がなければ異物から体を守ることもできず、生きていくことすらままならなくなります。しかし、この免疫力は人間の体そのものを攻撃する要因となることがあります。

 

免疫力が正常な働きをするために必要なことはバランスです。異物を攻撃するのが免疫ですが、この「異物を攻撃する働き」が強すぎると様々な病気を引き起こす要因につながります。たとえば花粉症などのアレルギーは、異物に対する免疫の働きが過剰な反応であることが原因で起こります。

 

これは自分自身の細胞を「異物」とみなして攻撃する「自己免疫疾患」が原因です。その結果は自分自身の細胞の攻撃による慢性的な炎症であり、たとえばアレルギーとなる原因物質が体内に入るとそれが湿疹などの要因となります。これも免疫の過剰な反応が原因とされています。アトピーもこの免疫による原因です。

 

健康な体を維持するために必要なことは、この免疫力のバランスを正常な状態に維持することです。健康で長生きしたい、多くの人がそう考えるものですが、そのためにはバランスを保ちつつ免疫力を強化する必要があります。免疫力の低下はそのまま様々な病気の原因につながります。

 

たとえばインフルエンザなどの感染症や糖尿病、白血病などの原因となります。それとともに「風邪をひきやすい」「疲れやすい」「元気がない」など慢性的に「体が弱い」人も免疫力の低下が原因です。毎日元気な生活を送るためには、免疫力の向上が欠かせないポイントといえるでしょう。

 

免疫を利用したワクチンの話

 

毎年冬になるとインフルエンザワクチンの接種が呼びかけられますが、ここでいう「ワクチン」とは、その病気にならないための予防が目的となります。インフルエンザワクチンはインフルエンザにかからないようにするためのものであり、このワクチンは「免疫力」を利用したものです。そもそもワクチンとは、病原体やその毒素を弱くしたものです。

 

ワクチンを体内に入れることで体内の免疫がその病原体に対して抗体を作りだし攻撃を開始します。もともとワクチンは毒素を弱めてあるので体内に入っても症状が重くなることはありません。体内の免疫力は優れた学習性を持っていますので、一度病原体が入ってくると次に同じ病原体が入ってきた時に抗体が反応して病原体を攻撃します。

 

この働きによって病気になることを防いでおり、しかもここで作られた抗体は一生有効です。たとえば幼児期に「はしか」などの予防接種を受けておくとその後はその病気にかかる心配はほとんどありません。ただし、最近の研究によると必ずしもそうではないらしく、予防接種を受けていても一生その病気にかからない免疫を作ることはできないようです。

 

また、インフルエンザワクチンも毎年予防接種をしなければならないのも、インフルエンザウイルスが単一の種類というわけではなく「変化するウイルス」だからといわれています。つまり、毎年変化するウイルスに対応するためにワクチンも毎年接種する必要があります。

 

人間のもつ免疫力は決して完全なものというわけではありません。また、自分が感染症にかかってしまうことで周囲の人にその病気をうつしてしまう危険性もあります。ワクチンはきちんと接種し、周囲に感染を拡大しないように注意したいところです。

 

 

20代を境に低下する免疫力

 

人間の体内で重要な役割を果たす免疫力は、年齢とともに低下します。免疫細胞というのは、人間の腸内で体を守るために働いています。

 

これらの免疫細胞は、体内に異物が入り込んだ際にその異物を排除するための役割を担っており、まさに「健康維持」にはなくてはならない存在といえるでしょう。

 

しかし、この免疫力は20代がピークといわれており、その後は年齢を重ねるとともに低下します。免疫力の低下はそのまま「感染症」などの病気になる危険性につながります。

 

免疫細胞は加齢とともにその活性が低下するため、年齢とともに病気になりやすい体になっていくというわけです。いつまでも健康な体を保つためには、免疫力アップサプリランキングで高めることが大切です。

 

腸内環境改善の方法

 

私たちの腸内には100兆個もの細菌が存在します。その中で身体にいいとされる「善玉菌」身体に害を及ぼす「悪玉菌」どちらにもつかないが優勢な方と同じ働きをする「日和見菌」があります。ピロリ菌 サプリメントトで良い健康状態でいるには善玉菌が優勢でなければいけません。

 

悪玉菌が優勢であれば腸内環境が悪い状態だと言えます。腸内環境が悪い状態であれば健康に様々な影響が生じます。その分腸内環境が改善されれば得られる効果もたくさんあります。では腸内環境改善の方法とはどのようなものがあるのでしょうか。健康に表われる様々な影響と合わせてご紹介致します。

 

腸内環境と大きく関係のある便秘やおなら。便秘は便通が悪くなるだけではなく、便のニオイまでも影響が出ます。便秘のウンチのニオイが臭いのは悪玉菌が関係しています。悪玉菌はウンチを腐らせ、腸内に溜めこむ働きをするので悪玉菌が多ければ多いほど腸内に悪いものばかり溜まってしまいます。

 

改善方法としては善玉菌を増やす事です。善玉菌を増やす食べ物として乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖があります。中でも乳酸菌の働きは重要となり乳酸菌は悪玉菌を減らして善玉菌を増やし腸内を活発にしてくれる働きがあります。

 

乳酸菌はヨーグルトや納豆などの発酵食品に多く含まれているので毎日の食事で摂取できるように心掛けることが大切です。おならも健康状態を確認する上で大切です。おならで知る病気もあるのでおならの変化に気づくとも大切なんです。

 

特にタマネギが腐ったようなにおいが続く時は大腸がんの心配がありおならの対策としては便秘対策と同様で善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことです。そのためには善玉菌を含んでいる食品を摂取することやガスを溜めないことです。腸内環境が悪くなる原因として多いのがストレスや睡眠不足です。

 

ストレスを受けると腸内細菌のバランスが崩れ健康に様々な影響を及ぼします。ストレスは食生活の乱れや不規則な生活リズムで受けやすくなります。そのため、バランスのいい食事やしっかりと睡眠時間を確保することでストレスに負けない身体作りへと繋がります。

 

「空腹時血糖」と「HbA1c」の違いについて

 

私たちが受けている健診の中で、血糖の検査というものがあります。それにが「空腹時血糖」と「HbA1c」の2項目があるのですが、その違いはどんなものなのでしょうか。自分自身の健診結果を見ながらだと、尚いっそうわかりやすいかもしれませんね。

 

空腹時血糖の検査では、血液の中に糖がどれほど存在しているのかを調べます。それを調べることにより、食事の後、一定時間を空けた空腹の状態で、血液の中にはどれくらいの量の糖が存在するのかがわかるのです。

 

1つ注意点があります。それは、健診をする前は必ず食事を抜いて欲しいということです。食事をしてしまうと、実態よりも高めの値が出てしまう可能性があるからです。くれぐれも忘れないようにしてください。

 

特定保健指導の対象となってしまう基準値は、100mg/dl 以上となります。また、受診が必要となってしまう基準値は、126mg/dl 以上です。HbA1cの検査では、血液の中に存在しているヘモグロビンで、糖と結合をしている状態にものがどれくらいの割合で存在しているかを調べます。

 

それによって、過去1〜2か月の間の血糖値の平均を知ることができます。もし基準値より高いのであれば、健診の前、1〜2か月間、血糖値が高めに推移していたこととなるでしょう。

 

注意点は、毎日の食事において、食べる量にばらつきがあると、それも値が上がりやすい原因となります。夜遅い時間にドカ食いしてしまったり、朝食を抜いてしまうなど、普段から食事にムラがある人は注意しましょう。特定保健指導の対象となってしまう基準値は、5.6〜6.0%となります。また、受診が必要となってしまう基準値は、6.5% 以上となります。参考:ヘモグロビンa1cを下げる方法なび

 

 

更新履歴